クラミジアは女性が感染すると無自覚なことが多い

クラミジアに女性が感染した場合、あるデータによると全体の約8割がその感染に無自覚であるとされています。
この数字を見てもわかるように、それだけクラミジアの感染に気が付く人は少なく、時には無症状のまま知らず知らずのうちに感染を拡大してしまう恐れも出てくるわけです。

女性がクラミジアに感染した場合、潜伏期間を経て症状が出てくることになりますが、無症状であればその変化を感じるとることができません。
もちろん、全体の約8割が無自覚だといっても、全くなんの症状もあらわれないのかと言われればそうではありません。
クラミジアに感染していて、最初のうちは無症状でも体調の変化や体質の変化によって具体的な症状があらわれることもあります。

具体的にクラミジアに感染するとどういった症状が引き起こされるのでしょうか。
まず挙げられるのがおりものの異常、異臭です。
おりものは膣内の雑菌繁殖を防いでくれる役目をはたしていますが、クラミジアに感染することによって異常が起き、雑菌がそこで増殖してしまうことになります。
これがおりものの異臭を引き起こしており、時には色が膿のように変化していくこともあります。
おりものの臭いや色に違いを感じた時には、とりわけ注意していくようにしましょう。

クラミジアは一度感染すると自然に治癒することはありません。
無症状であればそのまま感染を放置しても問題ないのではと思われるひともいるでしょうが、実はその判断こそが危険な場合もあります。
症状を放置することで悪循環を招いたり、あるいは子宮内膜炎、卵管炎、卵巣炎などを引き起こし結果的に不妊症の要因となってしまうこともあります。

クラミジアの治療自体は決して難しいものではありません。
病院に行くことに抵抗を感じてしまう気持ちもわかりますが、だからと言って不妊症の原因をそのまま放置する方がデメリットが多くなっていきます。
まずは早めに体の変化を感じ取ること、そこからできるだけ早急に治療に取り組むようにしましょう。

クラミジアを治療する市販薬はない!

基本的に、クラミジアの感染は原因菌が膣内に増殖することによって引き起こされます。
つまり、この原因菌の増殖さえ食い止めることができれば不快な症状も解決することが出来るわけです。
ただ、この菌の増殖は抗生物質でしか防ぐことができません。

市販薬でおりものの異常に対処できるのではと思われる人もいるかもしれませんが、それは間違いです。
確かに、市販薬にはデリケートゾーンのかゆみや臭いに対する商品も含まれていますが、それがそのままクラミジアにも効果があるのかと言われればそうではありません。

クラミジアはあくまでジスロマックという治療薬を用いない事には解消することが出来ません。
このクラミジアの治療薬ジスロマックは市販されているものではなく、購入するには医師の診察を受けて処方箋をもらう必要があります。
抗生物質は体への影響が大きいからこそ医師の判断の元服用していかなければいけないわけです。
どうしても病院に行くことができない方はジスロマックを通販で購入しましょう。
通販なら自宅からでも購入することができるので、簡単に利用できるはずです。

クラミジアの症状改善のためにはまず、この抗生物質をもらうことからはじめていきましょう。
治療薬を用いることが出来れば、あとは体の中のクラミジア菌が消滅していくのを待つだけです。
不快な症状はそこから抑えられていきますし、身体の中の原因菌が減っていけばそこから自分が感染を広げることもありません。

クラミジアは無自覚であるがゆえに感染に気が付かず、知らず知らずのうちに感染を広げてしまうのがネックな点となります。
自分自身が加害者側にならないためにも、早めにクラミジアかどうかの確認は必要ですし、市販薬では治療できない分早め早めの受診がポイントとなってくるわけです。
おりものに何かしらの変化を感じている人、もしかしてという部分がある人は注意していきましょう。