梅毒の治療薬サワシリンとは?

梅毒とは、トレポネーマという病原菌による感染症です。
感染力が非常に強いので、治療薬が開発されるまでは不治の病と呼ばれていました。
しかし、現在では適切に治療すれば完治できる病気です。
ただし、梅毒は撲滅されたわけではなく、日本でも毎年数千人の患者が新たに梅毒に感染しているといわれています。

梅毒は、皮膚の小さな傷や粘膜から病原菌が侵入することで感染します。
病原菌が血液に入り、それが全身に広がるのです。
初期症状としては、感染してから3週間程度の頃に赤いしこりが現れます。
男性の場合には陰茎にしこりが生じ、女性の場合には膣の周辺にしこりが現れます。
ただ、痛みはないので、女性の場合にはしこりに気付かないこともあります。
それからリンパが腫れるといった症状も出ます。
その後、感染してから3か月程度経った頃に全身に症状が現れるようになります。
赤い発疹が出たり、イボのようなブツブツが出来たり、脱毛などの症状が現れます。
これらの症状は数週間から数か月で消え、その後は無症状が続きますが病気が治ったわけではありません。
そして数年後に、皮下組織にゴム種と呼ばれる大きなしこりが出来ます。
このしこりは周囲の組織を破壊してしまいます。
この段階まで進行することは、現在ではあまりないとされています。

梅毒を放置すると脳にまでダメージが及ぶこともあるので注意が必要です。
また、心臓や目に重い障害が出ることもあり、最悪の場合には亡くなってしまうこともあります。
梅毒の治療には、ペニシリン系の抗生物質が使われます。
抗生物質を服用する期間は、病気の進行具合などによって異なります。
梅毒が重症化している場合には長期間の治療が必要なので、薬の服用期間も長くなります。
ペニシリンは世界で初めて発見された抗生物質とされており、梅毒の治療には非常に高い効果を発揮します。
ペニシリン系の薬には様々な種類がありますが、その中の1つがサワシリンです。

ノバモックスはサワシリンのジェネリック医薬品

サワシリンには、アモキシシリンという有効成分が含まれています。
アモキシシリンには細菌を殺菌する作用があり、梅毒を始めとする様々な性感染症の治療に用いられています。
また、性感染症だけではなく、咽頭炎や気管支炎などの治療に使用されることもあります。

サワシリンの有効成分であるアモキシシリンは、梅毒の病原菌であるトレポネーマにも効果的です。
ノバモックスはサワシリンのジェネリック医薬品で、個人輸入を代行する通販サイトで簡単に購入することができます。
ノバモックスはサワシリンと同様に細菌を殺菌する効果が高く、様々な感染症の治療に用いられる治療薬です。
ジェネリック医薬品の中では、よく知られている代表的な抗生物質です。
ノバモックスはジェネリック医薬品なので、個人輸入の通販でサワシリンよりも安価な価格で購入することができます。

梅毒の治療には長い期間が必要なので、治療薬にかかる費用もばかにはなりません。
安価な価格の治療薬を購入することで、その費用を抑えることができます。
ノバモックスは他の治療薬に比べて、副作用が少ないというメリットもあります。
ただし、全く副作用が出ないわけではありません。
人によっては下痢や食欲不振、腹痛、発疹といった症状が現れることもあります。
副作用が現れた場合には、早めに医師の診察を受けることが大切です。

また、稀にアレルギー症状を起こすこともあります。
梅毒は症状が出ていない時には、感染していることに気付きにくい病気です。
梅毒に感染しているかどうかを調べるには、血液検査が最も有効とされています。
感染初期の段階で治療を開始すれば治療にかかる期間や費用を短縮することができるので、早めに検査を受けることが重要です。